2020年パチスロ攻略法ベスト5

2020年パチスロ攻略法ベスト5 2

パチスロのプレーを上達させたいですか?

簡単なコツでパチスロを楽しみながらプレーした勝利しよう!

日本で考案されたギャンブルのゲームの中でパチスロは一番人気を博している。日本のギャンブルの売り上げの50%以上をパチスロが占めている。これは宝くじの収益を超えるものだ。オンラインパチスロはパチスロゲームの収益の約15%以上を生み出している。他のオンラインカジノゲームもできる状況においてもだ。日本では数千店を超えるパチスロパーラーがある。そのことから見ても如何にパチスロが日本で人気があるか分かるだろう!

これだけのパチスロ人気を考えれば、大方のパチスロプレーヤーがどの落とし穴を避けるべきか熟知しているはずだと思うだろう。しかし大勢のプレーヤーがいくつかのパチスロの最大のコツを見逃していることに気づいて驚くはずた。

もしあなたにとってパチスロで勝つこととプレー時間を延長させることが重要であれば、次の内容を読み進めよう。


コツその1. システムを攻略しようとはしてはならない

パチスロ台の勝ちパターンを掌握することは不可能だ。実際のところ、極めてランダムな結果が待ち受けているだけだ。システムを攻略しようとはしてはならない。

パチスロ台はランダムな結果を出して、不均衡な配当を出すように設計されている。それに加えて不均衡な配当を出すことで緊張感を高める効果がある。要するに、負け続けた後に信じがたい大当たりを味わえるのだ。信じがたい大当たりがランダムにあるからこそジャックポットが出現するまでパチスロのプレーヤーはパチスロを打ち続けるのだ。これが正しくパチスロの醍醐味だ!

ランダムであることを理解しようとして多くパチスロプレーヤーがつまずいてしまう。頭の中ではパチスロ台はある結果を生むようにプログラムされていると理解している。パチスロをプレーしていると「いつ大当たりするか自分は分かっている」と容易に思ってしまうことが度々ある。プログラムされている台でプレーをしているのだから実際はランダムではないと自分は分かっていると。そうなると、次に起きることは当然予測できる。賭け金がどんどん増えていき突如として全てを失ってしまうのだ。バンクロール(元手となるお金)を使い果たし、ゲームオーバー、すっからかんだ。大当たりしたパチスロ台だろうが当たらなかった台でもパチスロプレーヤーは勝ち負けをしているものだ。勝ちパターンを掌握しているという思い込みの罠に陥らないようにしよう。


コツその2.デノミ( 金額の額面)の還元率に注目せよ

デノミの高いパチスロ台でより多く勝とう。そのほうが還元率が高くなる

意外に思うかもしれないが、デノミの低いパチスロ台は還元率が最低だ。貸メダル料金の低いパチスロ台の還元率は80%~85%の低い範囲だ。多くのプレーヤーは長くプレーすることでより多く勝ち続けられると信じて賭け金が少なく済むパチスロ台を好む。この戦略は全てのパチスロ台の還元率が同じであれば理にかなっているが実際は異なる。

下記に貸メダル料金ごとのおおよその還元率をリストにした。

      •  非常に低い貸メダル料金の台の還元率は85%~88%

     •  低い貸メダル料金の台の還元率は89%~90%

     •  中くらいの貸メダル料金の台の還元率は90%~91%

      •  高い貸メダル料金の台の還元率は92%~93%

      • 非常に高い貸メダル料金の台の還元率は93%~98%

低い貸メダル料金の台では少額であることでより多くの玉数でプレーできると信じて、高い貸メダル料金の台ではメダル数が少なくなると混同しないようにしよう。混同すると低い貸メダル料金の台の方が勝機がより多いと信じてしまうが、それは誤りだ。賭け金の大小は関係ない、還元率が要なのだ。パチスロ台により多くの賭け金を投じても何の違いも生じず、還元率も変わらない。貸メダル料金の大小という視点が錯覚を起こすのだ。


コツその3. 勝ちパターンに合わせて刺激欲求を制御しよう

刺激欲求を制御することで賭け金を全て投じることを防げる。バンクロールを生かしておくことになる。

一般論として、ジャックポットの大きさによって一つのパチスロ台で一定に当たりを出す可能性は小さくなる。

従って、小さい当たりを頻繁に経験したいのであれば、小さなジャックポットが出現するパチスロ台を探そう。賭け金が累積され、すべてを配当として獲得することがないことを確認しよう。

勝率はプレーしたラウンドの回数に応じて7%~25%の低い率の間で変動する。しかしながら勝率は、一つの台の還元率が他の台より低いことを意味する訳ではない。どちらの台も同じ還元率であっても、勝利した配当が大きく異なる場合がある。


コツその4. オンラインパチスロ台の還元率はより高い

オンラインパチスロでプレーしよう:オンラインの還元率はより高く最大5%の差になる

オンラインもしくはモバイルパチスロは本物のパチスロ台と同様の動きをする。事実上全く同じだと言える。唯一の違いは出玉がパソコンの画面上やスマホ上に出てくるか、実店舗のあるパチスロ店であれば台から出てくるかだけだ。

信用性の面ではパチスロ台よりオンラインパチスロの方が格段に低いと良く言われる。実店舗のあるパチスロ台は規制が存在するから信用性がある一方で、オンラインパチスロは規制がないため騙されやすいプレーヤーを詐欺に引っ掛けるためにプログラムが仕組まれているという誤った概念がある。

これは事実とまるでかけ離れている。オンラインパチスロと実店舗のあるパチスロの両方とも規制はされているし、営業資格を取得し、法を遵守しなければならない。実際には、実店舗のパチスロの方が透明性が低いこともある。例えば、日本中のパチンコパーラーの多くでは還元率を開示することが求められていないのだ。

オンラインパチスロの還元率の方がパチンコパーラーよりはるかに高く提示されている。維持しやすい上に、現金の扱いがなく、土地を持つ必要もなく、間接費が安く済む分、より大勢のターゲットとなる利用者にリーチすることができるからだ。


コツその5. バンクロールの金額は少なくしよう

バンクロールを全部使い切らなければと思わないようにしよう

パチスロ台のプレーヤーが突然席を立たなければならない場面を目にすることが往々にしてある。ゆうに何十万円ほどのバンクロールが残っている。さてどうなる?プレーヤーはゲームのセッションを終わらせるためだけに、大きな賭けにでて、バンクロールを使い切ってしまう。

これをしてはならない。バンクロールに金額を残そう。できなければ、まず少なめの金額をバンクロールに入れてプレーをすると良い。金額を後から足すことはできる。最初からバンクロールの金額を多くしすぎてしまい全部使い切らないといけないと思わないように。


結論

パチスロは人気があり簡単にプレーできるが、私たちギャンブルデェックスのゴールは、あまり周知されておらずかつ実践されていない、勝つためのコツや戦略をお知らせすることにある。パチンコで勝つコツとも言うが、5つの簡略化したコツとしてまとめた。これら5つのコツは凄い努力もアインシュタイン並みのIQも必要としないし誰でも実践できるものだ。誰でも使えるほど簡単だし、それでいて勝率を上げてバンクロールを増やすことにつながるだろう。